忍者ブログ
ブログ移転しました。詳細は最新記事をご覧下さい。
プロフィール
HN:
雨月
自己紹介:
※ブログ移転しました。
詳細は最新記事をご覧下さい。
イチオシ!
最新コメント
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『OPERATION FLASHPOINT : DRAGON RISING
(オペレーション フラッシュポイント:ドラゴンライジング)』を購入
しました。
シンギュラリティも終わったので区切りをつけて、
次に遊ぶゲームとしてチョイス。
見た目だけでなくゲーム性までリアリティにこだわった作りのFPSということで、
カジュアル傾向の強い最近のほかFPSとは一線を画しており、なかなか手強そうです。


海外産の美少女キャラ2D格闘ゲーム『Skullgirls』が2011年夏にリリース
う~ん、何か違う。まさにコレジャナイ…。
日本を意識したような、でもなんかズレてるデザインの美少女キャラクターというと
『Xブレード』を思い出すけど、これも同じベクトルですかね。


コールオブデューティ:ブラックオプス・体験版
COD:BOの体験版が唐突に配信開始!!
MW2以降、発売後しばらくしてからデモを出すのがCODの慣例となりつつあるのでしょうか?
体験版ではシングルプレイの一部ミッションをプレイすることができます。

ゲームを始めるといきなり偵察機ブラックバードに乗り込み、上空からの偵察任務!?
上空から地上をモニタし、敵の位置に注意しつつ味方を目標地点まで誘導する、
変り種のミッションがいきなり始まります。
建物まで誘導すると地上のチームに切り替わり、実際にFPSとして銃撃戦を開始!
終わると再び上空モニタに戻るなど、デモとしては随分風変わりなミッションです。

唐突すぎて戸惑う人もいるかもしれませんが、基本は周囲の敵影に注意しつつ
姿を隠すように森を経由して前身させていくと上手く行くでしょう。
特に二つ目の建物手前、道に進む直前に大量の敵が出てくるため、
一気に進ませるのではなく森に隠すようにすると上手く敵軍をスルーできます。

二つ目の建物をクリアし、先に進むとここからはいよいよ地上のみの進行に。
60年代を舞台にしているだけあって最新鋭のハイテク装備などはなく、
スコープ付きボウガンなど一風変わった武器が登場します。
爆薬付きの矢に切り替えることができ、これが当たると敵が爆散!
残虐表現ONなら残虐なシーンが見られるかも…(自分がやった範囲だと大したことない感じ)

ボウガンはサイレンサー付きスナイパーライフルの要領で敵を静かに仕留めていけます。
今までありそうでなかったズーム比率を変更できる機能がちょっと目新しい。
しばらくはこれを利用してのステルスプレイが楽しめます。
ある程度進むとラペリングから窓を突き破っての敵施設突入など、
相変わらずスクリプトによるハデめな演出も進行に合わせてバンバン入ります。
何かの装置を破壊したあと進む足場にRPGを撃ち込まれて、
崩れそうになってる足場を渡っていく場面があるのですがここはちょっと分かり難かったですね。
ほとんど落ちかけてる足場に乗れたりとか、見た目に行けるかどうかが分からなかった。
そこから雪で見づらい中を仲間を追いかけていって崖から飛び降りるところまで、
このシーンの流れはちょっと分かり辛くてなかなか先に進めない人もいるかも。

崖から飛び降りたあとは、パラシュートを開いて降下、再び敵施設を制圧しながら進みます。
ラストの大量の敵が襲ってくる場面ではおなじみの固定機銃登場!
大きなアイアンサイトがちょっとレトロな感じですが威力・連射力ともに高く非常に爽快です。

総じて、「いつものCOD」って感じですかね。
操作感覚もそのまんまだし、過剰気味ともいえる演出、メリハリのあるステージ展開など
1ミッションだけでもシリーズおなじみの展開が盛り沢山。
グラフィックなんかもあまり変化はないかな。

デモとしてはもう少しストレートな内容でも良かったと思いますが、
(序盤のブラックバード操作の部分は戸惑う人も多いのでは?)
せっかくだから本作独自の特徴的な場面を見せたかったということでしょうか。

気になった点としては、サウンド面。
銃撃の効果音がとにかく弱いです。シャカシャカ言っておもちゃみたいな…。
初期武器にサプレッサーがついてるっぽいので音が抑えられているのでしょうけど、
それでもMW2なんかはサイレンサー付きでも撃ってる感じがそれなりにする音だったかと。
実際、リアルの実銃だとこんな音なんでしょうか?
ゲームなんだしハッタリの利いた”いい音”がした方が使ってて面白いと思いますけどね。

あとあまり操作できずに見てるだけのシーンも割と多い印象だけど、
演出もやりすぎると退屈になりかねないので上手くバランスを取って欲しいところ。
映画ではなくゲームをやってるんだという意識は忘れないで欲しいな。


相棒(3・2放送分)
陣川君登場!今期出番多いけどどうしちゃったの…。
今週は筋書き自体は純粋な謎解き回といったところでしょうか。
課長や神戸が「運のなさそうな顔」と言って笑っていた万引き犯=元運転手が
実はかなり頭のキレる相手だったようで。
構図はそんなに複雑じゃなかったし、先の読みやすい話ではありましたけど、
ラストの二段オチはちょっとしてやられたかな。

陣川君について「犯人逮捕なんてありえないと思ってるんじゃないですか」
と言う神戸に「それもあります」とさらりと答える右京さんもさりげなく酷いw
骨董店リストを見て「逆じゃないか」と気付く辺り珍しく鋭いところも見せましたが。
まあ結局は利用されていたようですが、最後は3人がかりで上手く落としましたね。
でも具体的にどういう罪になるんだこれ。

定番の「女性にホレて騙される」ような展開ではなかったのがある意味、意外?(笑
…ところで映画で作ってた振り込め詐欺防止の張り紙、他の場所にも貼ってたんだ…。

今回は殺人もなく、割と軽めの話でした。
次回が色々と凄そうなので、今回は箸休め回でしょうか?(笑

そして次回・ついに最終回SP!!
なんとあの小野田さんが関わってくる?!
他にも過去シリーズに登場していた懐かしの面々が登場するようで…。
小野田さんの件を含め、今期は過去シリーズを清算するような流れになってるんですかね。
最終回は絶対見逃せません!
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
相変わらずですねえ陣川君
雨月さん今晩和~。
陣川君、相変わらずのキャラでオチは相変わらずたまきさんの店で酔いつぶれでしたね(笑)でも「女性にホレて騙される」じゃなかったのは私も意外でした(笑)一歩前進した?と思いきや、結局は右京さんの指摘にもあったように、人を信じすぎて騙されてるんだよなぁ…。右京さんがさりげなく酷い事言うのも解ります(オイ)
あと、私も貼り紙に反応しました!(笑)

陣川君のキャラの濃さしか印象に残ってないんですが、結局今回の話は、盗難事件の真相を暴く…と言う事で良かったんですかね?元運転手もあからさまに怪しかったし!
罪は横領かなとは思うんですが…「社長が会社の金を私的流用してる」その金だと思うんで。でも具体的にだとよく分からないですね(^^;)


いよいよ次回最終回、予告の段階でもメンバー凄すぎやしませんか!?このメンバーでSPと来ると、なんか後味悪そうな予感もするんですが、雨月さんの「清算」と言う予想を私も信じたいです…!
ではでは!
黒帆さん / 2011/03/05(Sat) / URL
陣川君は現状維持で(笑
>>黒帆さん
陣川君、今回は女性に騙されるパターンではなかったものの、
結局は騙されていたようで、進歩があるようで無かったというオチだったかとw
最後はたまきさんの店で酔っ払って神戸に絡むのが定番パターンになってますね(笑
あの張り紙、結構沢山刷って街のあちこちに貼ってあったりするんでしょうか…。

確かに陣川君が登場する回は彼のキャラの面白さで全部持っていかれてしまう気がします。
というか神戸がますます存在感なさすぎ、最終回くらいは活躍するんでしょうか!?(苦笑
犯人2人は窃盗になるんですかね?一応。

陣川君はさておき(笑)、次回最終回は絶対見逃せませんね~。
どうも最近の相棒って過去シリーズと決別するような流れになってるのが気になる点ですが、
今後の相棒がどうなるかを占う上で重要な最終回となるでしょう。
後味悪いENDだけは勘弁してほしいところですが(^^;
雨月さん / 2011/03/06(Sun) / URL
Trackback URL
Copyright c (旧)へべれけぶろぐ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]